トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ 2011年11・12月号記事 とどけ、西東京市球児のこころ!

西東京スポーツ 2011年11・12月号記事 とどけ、西東京市球児のこころ!

とどけ、西東京市球児のこころ!
陸前高田市のチームに野球道具を送る

西東京市軟式野球少年部17チーム全員でメッセージを伝えた 写真提供/横田忠夫さん

NPO法人西東京市体育協会加盟の西東京市軟式野球連盟少年部(部長 小川朝昭さん)では、発足11周年の記念事業として、東日本大震災で壊滅的被害を被った陸前高田市野球協会スポーツ少年団(本部長 岩崎健司さん)に、西東京市社会福祉協議会の仲介で支援を行うことを決めた。
 西東京市軟式野球連盟少年部には、市内の少年野球チーム17チームが加盟しており、各チームにカンパを呼び掛け、資金集めをしてきた。
 9月18日(日)、西東京市が主催する第11回西東京市少年野球大会の開会式において、陸前高田市野球協会スポーツ少年団7チームに、キャッチャーミットをはじめとするキャッチャー用具とボールを寄贈することを発表した。
相手先のチーム名は、高田野球スポーツ少年団、長部野球スポーツ少年団、米崎リトルスポーツ少年団、小友町野球スポーツ少年団、横田野球スポーツ少年団、広田町野球スポーツ少年団、竹駒スポーツ少年団の7チーム。
 開会式の後、坂口市長、木田体育協会会長ほか役員と全員で撮った写真を添えて野球道具が送られた。このほど陸前高田市体育協会岩崎健二会長から西東京市軟式野球連盟少年部小川朝昭部長宛に、礼状が届いた。
 今後の交流の良いきっかけとなることが望まれる。

泉ベアーズ(4年以下)保谷ストロンガーズA(5・6年)がそれぞれ優勝
 9月18日(日)から25日(日)の日程で、第11回西東京市少年野球大会が市内5会場で行われた。
4年生以下の部では、9月25日(日)午前10時から北原グランドで行われた決勝で、泉ベアーズと保谷ユニバースが対戦し、5対0で泉ベアーズが優勝した。準優勝は保谷ユニバース、3位は向台リトルライオンズ。
 5・6年生の部は、続く午前11時30分からの試合で、保谷ストロンガーズA対泉ベアーズで行われたが、7対7、7回サドンデスでの接戦のあと、4点を追加した保谷ストロンガーズAが、11対7で優勝を決めた。準優勝は泉ベアーズ、3位は、西東京ツインズ。

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ 2011年11・12月号記事 とどけ、西東京市球児のこころ!
西東京スポーツ
へのリンク
こちらをクリック!!

▲このページの先頭に戻る