トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ 2011年7・8月号記事 西東京市チームが好成績

西東京スポーツ 2011年7・8月号記事 西東京市チームが好成績

スポーツ振興都市の面目躍如!
 西東京市チームが大きな大会で好成績
西東京市卓球連盟男子が都民体育大会で7回連続制覇

都民体育大会で、7連覇を達成した西東京市卓球連盟男子チーム(写真提供:東卓ニュース)

5月22日(日)墨田区体育館で、第64回都民体育大会卓球競技会が開催された。
 西東京市体育連盟からは、卓球連盟の男子・女子両チームが今年も出場した。
 男子チームは、50チームによる団体戦で、1回戦はシード、2回戦、準々決勝、準決勝は3-0の完全勝利で勝ち進み、決勝戦で調布市チームに3-2で勝って、7年間連続優勝の快挙を達成した。
 女子チームも1回戦シード、2回戦、準々決勝を3-0と快進撃を見せたが、準決勝で港区チームに1-3で敗れ3位に留まった。女子チームは、昨年のベスト8を上回る好成績であった。
 西東京市卓球連盟の男子チームは、平成16年の第57回都民体育大会以来の連続優勝の功績を称えられ、5月8日(日)の開会式における東京都体育協会のスポーツ優良団体の表彰を受けている。

-第11回わんぱく相撲西東京場所
上位者は、東京場所から全国大会に-

 5月22日(日)午前9時30分から、谷戸小学校校庭(谷戸町1丁目)で、第11回わんぱく相撲西東京場所が、西東京青年会議所の主催で開催された。
 3年ぶりに屋外での開催となり天気が危ぶまれたが、午前の部は日差しも眩しい校庭で、およそ220名ほどが参加して開会式と午前の競技が行われた。
 汗ばむくらいの気候の中、幼稚園から6年生までのクラスが、校庭に作られた土俵マットの上で思いっきり力の入った相撲の取り組みを行った。
 昼過ぎからは天気が一転し激しい雨の中、会場は谷戸小学校体育館に変更され、準決勝・3位決定戦・決勝が戦われた。
 幼稚園や小学校低学年の取り組みでは、勝っても何で勝てたのか解らずキョトンとしたり、負けて悔し泣きするちびっこ力士など微笑ましい場面が多かった。
 高学年になると、流石上位争いとあって力相撲や技の応酬が見られ、女子も激しいぶつかりあいを繰り広げ、体育館内は力のこもった声援が送られていた

男女6名が 東京大会に出場
 西東京場所で上位を勝ち取った、4年生男子・松本侑大君(谷戸小)同女子・岩間葵さん(谷戸小)、5年男子・新井宥里君(田無小)同女子・佐藤潤さん、6年男子・鈴木翔太君(中原小)同女子・長谷川天乃さん(練馬区大泉第二小)の6名が、6月25日(土)午前9時からの第23回わんぱく相撲東京大会(於:あらかわ遊園運動場 荒川区西尾久)に出場した。
 東京23区と各市町村で行われた地域場所を勝ち抜いた4年から6年のちびっこ力士男女185名が参加した。この大会から女子の部が設けられ、男子顔負けの激しい好取組が多く見られた。

男子は、団体戦2位 全国大会に進出
 個人戦で西東京チームの男子は、4年生が準々決勝に、6年生が準決勝に、5年生が決勝に臨む健闘を見せたが、女子は1・2回戦までで敗退や棄権となり残念ながら入賞は果たせなかった。
 昨年の全国大会で関脇認定の5年生男子新井宥里君は、準決勝で優勝候補の足立区の選手に勝って決勝に臨んだが、惜しくも江東区の選手に敗れ準優勝に留まった。
 また、団体戦はチームの勝ち数で争われたが、西東京市男子チームは2位の成績を残し、7月31日(月)に両国国技館で行われる全国大会への出場を決めた。

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ 2011年7・8月号記事 西東京市チームが好成績
西東京スポーツ
へのリンク
こちらをクリック!!

▲このページの先頭に戻る