トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ 2011年特別号No.10 記事
「スポーツGOMI拾いを体験してみた」

西東京スポーツ 2011年特別号No.10 記事
「スポーツGOMI拾いを体験してみた」

実行委員長・・新谷 秀剛 (西東京スポーツ発行人)

 一年ほど前「日本スポーツGOMI拾い連盟」の活動を知った。その後お世話になっている某社長から「昭島昭和記念公園でスポーツゴミ拾い大会をするけど参加してみては」と誘われ、参加する機会に恵まれた。
 参加当日、ルールもわからず、また、楽しいかどうか疑問を抱きながら集合場所に到着。社内イベントのアトラクションということもあり、各チームごと、コスチュームを合わせたり、派手ピンクの軍手で統一したりと静かな中でも何やら気合がみなぎってい る。
 ゴミ袋、軍手、地図等をもらい、チームごとにまずはルール説明と作戦会議。5分程度と極めて短い。
 しばらくすると「ゴミ拾いはスポーツだ!」という全員の掛け声とともに約45分の競技はスタートした。
 高得点のゴミを見つけた時や、ゴミの散乱しているエリアを見つけた瞬間にチームのメンバーが一斉に盛り上がり、嫌な顔をするのではなく自分から汚いゴミを「宝もの」を見つけたように喜び拾い集めるようになっていた。
 下を見ながら集中してゴミ拾いをしているので、同行してもらっている審判スタッフに歩行者や自転車の通行安全に注意を促してもらいながら競技続行。
 時間が過ぎるのも忘れて、こんなに楽しめるゴミ拾いは初めてだと実感した。
 制限時間内に集合場所に戻り、自分たちの必死にかき集めたゴミの計量をして貰い、結果を待つ。40歳を過ぎた大人でも結果発表をドキドキしながら待つのは妙に楽しい。
上位入賞チームと特別賞の発表が始まると、その都度歓声があがる大盛り上がりでイベントは終わった。
 是非、親子でこの楽しいイベントにご参加いただき、自分たちの住んでいる街を見つめ直すきっかけにしていただければ幸いです。きっと今まで知らなかった西東京市のお店や街並みを見つけていただけることと思います。

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ 2011年特別号No.10 記事
「スポーツGOMI拾いを体験してみた」
西東京スポーツ
へのリンク
こちらをクリック!!
西東京スポーツ
紙面へのリンク
紙面はこちら!

▲このページの先頭に戻る