トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ 2011年1・2月号記事 西東京市剣友会

西東京スポーツ 2011年1・2月号記事 西東京市剣友会

西東京市剣友会 初稽古

1月6日西東京市剣友会初稽古

 1月6日(木)、西東京市市民会館(田無町)で西東京市剣友会の初稽古が行われた。18時からは少年の部が、19時からは一般の部が今年初めての稽古に汗を流した。
1月9日(日)には、東伏見小学校体育館で9時から稽古と鏡開きがあり、父兄たちが作ったおしるこがふるまわれた。
 西東京市剣友会の海老沢進会長にお話をお聞きした。田無剣友会と保谷剣友会が、合併により西東京市剣友会を組織した。両剣友会の会員の繋がりはそのままに、およそ260名を超える会員が活動している。青少年健全育成を大きな目標にしており、日本の伝承文化である剣道を通じて、少年少女達に礼儀作法を教え、心身の鍛練を行って人間形成に役立てて欲しいと願っている。
   西東京市剣友会には、少年の部と一般の部があり、小学校低学年から70歳以上の有段者まで、幅広い年齢層の会員が親睦と自己修練のため稽古に励んでいる。少年少女や女性の比率も多く、なかには外国人剣士もいて、職業も経歴も多彩な人達が集まって剣道を楽しんでいる。
 市内7ヶ所(市民会館、きらっと、スポーツセンターなど)で週5回稽古が出来るので、気に入った都合の良い場所で参加可能だ。常時入会ができるが、先ずは見学して興味を試して見てはどうだろう。最初から胴着や防具などを揃えず、竹刀と運動着だけで始める事を薦めている。
  千葉仁範士八段、船津正範八段をはじめ熱心な指導者達が、剣道の技を基本から指導し、毎月1回は剣道形の練習がある。昇段審査に向けた適切な指導も受けることが出来る。
  年間の主な活動としては、秋の西東京市総合体育大会、3月の近隣の剣友会や剣道連盟との交流試合が大きな大会で、5月の昇段審査に向けた一般の部の合宿、夏休みには子供たちも参加した合宿(昨年は山中湖)を行っていて、合宿先地元の剣友会との親睦交流試合などもある。
  入会の希望や問い合わせは、剣友会ホームページ(http://www.geocities.jp/hoyakendo/)にアクセスするか、事務局長 金子 弘さん(042-466-2521)まで。

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ 2011年1・2月号記事 西東京市剣友会
西東京スポーツ
へのリンク
こちらをクリック!!

▲このページの先頭に戻る