トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ 2010年11・12月号記事 第9回西東京市『歩け歩け会』

西東京スポーツ 2010年11・12月号記事 第9回西東京市『歩け歩け会』

700人の爽やかなマーチ

西東京スポーツ 11・12月号

11月3日(祝)、西東京市役所田無庁舎の中庭に、黄緑色のゼッケンベストを着けた沢山の人達が溢れた。西東京市『歩け歩け会』に参加の老若男女だ。
 この大会は、西東京市誕生の翌年から始まり今年で9回となるが、保谷市での開催から数えると40回にも及ぶ名物行事になっている。各小学校区毎に参加者を集め、今年は700人以上の元気な市民が集まった。
 西東京市青少年育成会連絡会(第9回西東京市『歩け歩け会』実行委員会)が主催(西東京市共催、教育委員会後援)する今回の大会には、市内全ての中学校から73人のボランティアが参加し交通安全協会の人達と協力してコースの安全を守るほか、役員やPTA、育成連絡会など総勢155人が運営にあたるビッグイベントとなった。
 ベビーカーに乗った赤ちゃんから高齢者までの幅広い年代の人が一斉に田無庁舎をスタートして、紅葉が始まった多摩湖自転車道を経由して、都立狭山公園(多摩湖)までの13Kmのコースをゆっくり思い思いに歩きを楽しんだ。
 9時からの開会式では、内田実行委員長、野崎教育長の挨拶に続いて軽いストレッチで体をならした後、武蔵野の秋を楽しみながら目的地を目指した。およそ4時間かけてゴールした参加者は、参加賞と記念のバッジを貰って解散。このバッジを集める常連のマニアもいるそうだ。毎回、この後に入間航空ショーに足を伸ばすのが目当ての参加者もいるという。

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ 2010年11・12月号記事 第9回西東京市『歩け歩け会』
西東京スポーツ
へのリンク
こちらをクリック!!

▲このページの先頭に戻る