トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ 2010年9・10月号記事 わんぱく相撲全国大会(於・両国国技館)

西東京スポーツ 2010年9・10月号記事 わんぱく相撲全国大会(於・両国国技館)

新井宥里君(田無小4年)が関脇に認定

西東京スポーツ 9・10月号

 5月23日(日)の西東京青年会議所主催の第10回わんぱく相撲西東京場所で、優秀な成績を残した西東京市立田無小学校4年生の横綱 新井宥里君ほか西東京チームは、6月27日(日)の第22回わんぱく相撲東京大会(調布市味の素スタジアム・カルピス広場)で団体優勝し、8月1日(日)に両国国技館で開催されたわんぱく相撲全国大会に出場した。
 全国大会では、全国各地のわんぱく相撲を勝ち進んだつわものが居並ぶ中、新井君は鹿児島県奄美大島の強豪力士に敗れたものの、堂々3位に入賞し、「関脇」に認定された。
 さらに8月29日(日)には、天皇杯の予選でもある22年度JOCジュニアオリンピック第13回関東小学生相撲優勝大会兼第23回全国小学生相撲優勝大会(霞ヶ浦総合公園相撲場・土浦市)の4年生以下の部に出場し、3位入賞を果たした。
 この結果、関東代表の四傑の一人として、12月5日(日)両国国技館で開かれる天皇杯に進むことになった。
 新井君は、小学2年生の時に伊勢神宮での鎮守の森相撲大会で全国優勝して以来、相撲が面白くなったという。
 今は、火・土の週2回、府中住吉相撲道場で練習に励んでいる。身長155㎝・体重70kgで、まだまだ大きくなる年齢だが、2013年の東京国体のジュニア強化選手にも認定されるなど、周囲の期待が集まっている。

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ 2010年9・10月号記事 わんぱく相撲全国大会(於・両国国技館)
西東京スポーツ
へのリンク
こちらをクリック!!

▲このページの先頭に戻る