トップページ > イベント > 西東京スポーツ記事 > 西東京スポーツ2010年7月号記事 むさしの国中学バレーボール大会の日程・会場校決まる

西東京スポーツ2010年7月号記事 むさしの国中学バレーボール大会の日程・会場校決まる

夏の練習成果を試す
伝統ある大会

第5回大会男子2日目試合前の練習から

 今年第6回を数えるむさしの国中学バレーボール大会が、8月21日(土)・22日(日)の日程で開催される。
 総合体育大会が終わって3年生が引退し、1・2年生による新しいチームが、夏休みに集中的に練習した成果を試す初めての大会だ。
 本大会の前身は、20年以上前に「白門バレーボール教室」として、中央大学附属高校バレーボール部OBが、多摩地区の中学校バレーボール部の発展とレベル向上を願ってスタートしたものである。
 その後、発展的に「むさしの国中学バレーボール大会」に改称し、多摩地区はじめ、都内・都下、埼玉県にエリアを広げ、毎年男女各24校、全48チームが参加する特色ある中学校バレーボールの大会として定着している。
 発足当時から、東京コカ・コーラボトリング株式会社はじめ、株式会社モルテン、株式会社ミカサ、マツダスポーツの協賛を得て、今日を迎えている。
 試合は、財団法人日本バレーボール協会の6人制競技規則に準じて進められる。
 予選リーグは、勝率・セット率・得点率の順で、順位を決定する。
 予選リーグ審判は各出場校選手が相互で、決勝トーナメントは、中央大学附属高校バレーボール部の協力で審判が行われる。
大会1日目 8月21日(土)
  大会1日目は、予選リーグ戦が行われる。
 女子24チームは、立川市立立川第一中学校・立川市立立川第五中学校・西東京市立青嵐中学校・西東京市立保谷中学校の4校体育館でそれぞれ9:30から予選リーグを戦う。
 男子24チームは、三鷹市立第一中学校・東村山市立東村山第七中学校・西東京市立明保中学校・東村山市立東村山第二中学校の4校体育館で、それぞれ9:30から予選リーグ戦を行う。
   それぞれA〜Hの8ブロック各3チームによる3セットマッチで、1・2位が、大会2日目の決勝トーナメントに進む。
大会2日目 8月22日(日)
 大会2日目は、決勝トーナメントで、予選リーグを1・2位で勝ち進んだ男女各ベスト16が出場する。
 2日目・男子は、中央大学附属中学校体育館で、女子は、同高等学校体育館で、決勝トーナメントが行われる。
 決勝は、開始式のあと、9:30試合開始で、2セット先取、男女それぞれ16チームによるトーナメント戦で優勝を競うことになる。
予選リーグ戦の応援・観戦を
 8月21日(土)の予選リーグ戦は、多摩地域の8校体育館会場で行われる。近隣のバレーボールファンや、出場校の関係の人は応援に駆けつけて欲しい。
 なお、会場、試合時間は変更になることがあるので、大会事務局(042-463-1100)までご確認のほどを。
 また、駐車場は無いので公共交通機関を利用することと上履き持参をお願いしたい。
決勝会場校では校内見学も可能
 8月22日(日)は、中央大学附属中学校・高等学校が会場となる。
 9:00から決勝トーナメントに進んだ男女各16チームが、同高等学校第一体育館で開始式に臨む。
 この後、第一体育館では女子決勝トーナメント行われる。
男子トーナメントは、今春開校となった隣接の同中学校体育館での開催となる。
 こちらも駐車場が無いので公共交通機関での来場と上履き持参の協力を。
 なお、同校では、当日構内施設を一部公開する予定だ。 高等学校1号館や中学校校舎の見学が出来るので、応援・観戦の合間に新設の中高一貫校を見ては如何だろうか。
 バレーボール関係者以外の見学も可能なので気軽に来て欲しい。(公開エリアのみ)

イベント情報

イベント名 西東京スポーツ2010年7月号記事 むさしの国中学バレーボール大会の日程・会場校決まる
大会ホームページ http://viuc.net/musashi/

▲このページの先頭に戻る